2 1 ハンナは祈りました。 「ああ、うれしゅうございます、神様。 こんなにも祝福していただいて。 私は敵にはっきり答えてやれます。 神様が悩みを取り去ってくださいましたから。 喜びでいっぱいです。 2 神様ほど聖なる方はありません。 あなた様のほかに神はないのです。 私たちの神様ほどの大岩はありません。 3 ゆめゆめ思い上がった、横柄な態度は禁物です。 神様は何もかもご存じで、 すべての行為をおさばきになるのです。 4 力を誇った者が弱くなり、 弱かった者が今や強くなっています。 5 満ち足りていた者が今は飢え、 飢えていた者が満ち足りています。 不妊の女が今は七人の子持ちとなり、 多産の女がもう子供は産めません。 6 神様は殺し、 神様はいのちをお与えになります。 7 ある人々を貧しくし、 また、ある人々を裕福になさいます。 ある者を倒し、 また、ある者を立ち上がらせてくださいます。 8 貧しい者をちりの中から、 そうです、灰の山から引き上げ、 まるで王族のように取り扱い、 栄光の座につかせてくださいます。 この世はすべて神様のものなのですから。 この世界を秩序立てたのは神様です。 9 神様は信仰者を守ってくださいます。 しかし、悪者は暗やみに葬り去られます。 だれも自力でははい上がれません。 10 神様に手向かう者は打ちのめされます。 天からその人めがけて雷鳴がとどろくのです。 神様は地上をくまなくさばき、 ご自分が特別に選んだ王にずば抜けた力を授け、 油注がれた者にすばらしい栄誉をお与えになるのです。」 11 エルカナとハンナは、サムエルを残してラマへ帰りました。 幼いサムエルは神様に仕える者となり、祭司エリを助けました。 12 ところで、エリの息子たちは、神様をないがしろにする、ならず者でした。 13-141314いけにえをささげている人を見ると、必ず召使を一人やるのです。 そして、いけにえの動物の肉が煮えていると、その召使が三つ又の肉刺しを大なべの中に突き刺し、この分はみなエリの息子のものだと宣告したのです。 彼らは、いけにえをささげて神様を礼拝する、シロ詣でのイスラエル人相手に、だれかれの区別なく、こんな態度をとっていました。 15時には、祭壇で脂肪を焼く儀式が行なわれないうちから、例の召使をやって、生の肉をよこせと言うことがありました。 焼き肉にして食べるためです。 16 いけにえをささげている人が、「いくらでもお取りになってけっこうです。 しかし、まず〔おきてどおり〕脂肪をすっかり焼いてしまわなければなりません」と答えると、使いの者はこう言い返すのでした。 「いや、たった今ほしいんだ。 つべこべ言うなら、腕ずくでももらうぞ。」 17 こんなふうに、この若い連中は、神様の前に非常に大きな罪を犯したのです。 人々が神様にささげた物を踏みにじるようなまねをしたからです。 18 サムエルはまだほんの子供でしたが、いっぱしの祭司のように小さなリンネルの服を着て、神様に仕えていました。 19毎年、母親が小さな上着をこしらえ、持って来てくれたのです。 夫とともに、いけにえをささげにやって来る時のことです。 20エルカナとハンナが家路につこうとすると、エリは、二人を祝福し、神様にささげた子の代わりに、もっと子供が授かるよう、神様に願い求めてくれました。21それで神様はハンナに、三人の息子と二人の娘を授けたのです。一方、神様に仕えながら、サムエル少年はますます成長していきました。 22 エリは、すでに非常な高齢に達していましたが、身辺の出来事については、よくわきまえていました。 例えば、息子たちが神の天幕の入口で仕えている女たちを誘惑したことも、ちゃんと知っていたのです。 23-25232425エリは息子たちを呼びつけて注意しました。 「わしは神様の国民から、身の毛もよだつような、おまえたちの悪行について、さんざん聞かされた。 よくも神様の国民を罪に惑わすようなことをしてくれたもんだな。 通りいっぺんの罪でもきびしい罰が下るのに、おまえらの神様に対する罪には、どれほど重い罰が下るか知れたものではないぞ。」 ところが息子たちは、耳を貸そうともしません。 それというのも、神様がすでに、この二人を殺そうとしておられたからなのです。 26 一方、サムエル少年は、背丈の面でも、人から愛される点でも、めざましい成長を遂げました。 神様に愛されたことは言うまでもありません。 27 ある日、一人の預言者が来て、エリに神様のお告げを伝えました。「イスラエル国民がエジプトで奴隷だった時、わたしははっきり力を示したではないか。 28そして、並み居る兄弟同胞の中からおまえの先祖レビを選んで、祭司としたのではなかったか。 その務めは、わたしの祭壇でいけにえをささげ、香をたき、祭司の衣服を着けて仕えることだった。 わたしは、おまえたち祭司にも、いけにえのささげ物をあてがってやったではないか。 29それなのに、どうして、ささげ物を一人占めしようとするのか。 わたしよりも息子のほうが大事なのか。 よくも親子して、ささげ物の特上品で肥え太ったものだ。 30 それゆえ、イスラエルの神であるわたしは、こう宣言する。 レビ部族の一門であるおまえの家系が常に祭司となる、と約束したのは確かだが、今や、それがいつまでも続くと考えたりしたら、大まちがいだぞ。 わたしは、敬ってくれる者だけを重んじる。 わたしを軽視する者は、こちらでも軽視しよう。 31よいか、おまえの家系は断絶するのだ。 これ以上、祭司を務めるには及ばん。 家族全員、寿命を全うせずに死ぬのだ。 年老いる者など一人もいない。 32おまえらは、わたしが国民に授ける繁栄をうらやむだろう。 おまえの一族は苦難と窮乏に陥る。 だれ一人、長生きできない。 33かろうじて生き残った者も、悲嘆にくれて日を過ごす。 子供たちは、剣によって殺されるのだ。 34わたしのことばに偽りがないことを見せてやろうか。 そうだ、二人の息子ホフニとピネハスは、同じ日に死ぬことになる。 35 代わりに、一人の忠実な祭司を起こすつもりだ。 彼はわたしに仕え、わたしが告げるとおり正しく行なうだろう。 その子孫を末代まで祝福し、その一族を王の前に永遠の祭司とする。 36だから、おまえの子孫はみな、彼に頭を下げ、金と食物を乞うに至るのだ。 彼らはこう言ってすがるだろう。 『どうか、祭司のどんな仕事でもさせてください。 なんとか食いつないでいきたいのです』とな。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses