20 1 シリヤのベン・ハダデ王は軍隊を率い、三十二の同盟国の戦車や騎兵の大軍とともに、イスラエルの首都サマリヤを包囲しました。2-323王はサマリヤの町に使者を立て、イスラエルのアハブ王にこう伝えました。 「あなたの金銀は私のものだ。 あなたの美しい妻たちも、器量よしの子供たちも。」 4 アハブ王は、「陛下。 仰せのとおり、私が持っているものはみな陛下のものです」と答えました。 5-656やがてベン・ハダデ王の使者が戻って来て、別のことづけを伝えました。 「金銀、妻子をくれるだけではすまんぞ。 あすの今ごろ、家来を差し向け、宮殿と民家を捜し回り、欲しいものを、手あたりしだい持ち帰ることにする。」 7 たいへんな事態です。 アハブ王は相談役の長老たちを呼び、不平をぶちまけました。 「やつが何をしようとしているか、ぜひとも知ってくれ。 わしはやつの要求どおり、妻子や金銀を与えると言っておいたのに、図に乗って難題を吹っかけてきおった。」 8 「これ以上、やつに何もやらないでください」と、彼らは助言しました。 9 そこでアハブ王は、ベン・ハダデ王のよこした使者に言いました。 「王にお伝え願いたい。 『初め陛下が要求なさったものはすべて差し上げます。 ですが、ご家来が宮殿や民家を捜し回ることだけは、やめてください』とな。」 使者はベン・ハダデ王のもとへ帰って報告しました。 10 するとシリヤの王は、またことづけを送ってきました。 「もしわしが、サマリヤを一つかみのちりに変えてしまわなかったら、どうか神々が、わしがおまえにしようとしている以上のことを、わしにしてくださるように!」 11 イスラエルの王も、負けずに言い返します。 「それこそ、とらぬ狸の皮算用というものだ!」 12 このアハブ王の返事が、ベン・ハダデをはじめ同盟軍の王たちに届いた時、一同はテントの中で酒をくみ交わしていました。 ベン・ハダデ王は、「何をこしゃくな。 よし、攻撃の準備だ」と将校たちに命じました。 13 そのころ、一人の預言者がアハブ王に会いに来て、神様のお告げを伝えました。 「あの敵の大軍を見たか。 わたしはきょう、敵をおまえの手に渡そう。 そうすれば、いかにおまえでも、わたしこそ神であると思い知るだろう。」 14 「どのようにして、そうなるのか。」 「『外人部隊によってだ』と、神様は言っておられます。」 「こちらから攻撃をしかけるのか。」 「そうです。」 15 そこで王は、二百三十二人の外人部隊と、七千人のイスラエル軍を召集しました。 16真昼ごろ、ベン・ハダデ王と三十二人の同盟軍の王は、まだ酒を飲んでいましたが、アハブ王の先頭部隊はサマリヤを出発しました。 17 この外人部隊を見た敵軍の斥候は、「小数の敵が攻めて来ます」と報告しました。 18 ベン・ハダデ王は、「休戦のために来たにせよ、戦うために来たにせよ、生け捕りにしてしまえ」と命じました。 19 そのころには、アハブ王の全軍が攻撃に加わり、 20手あたりしだいにシリヤ兵を殺したので、シリヤ軍はパニック状態に陥り、いっせいに逃げ出しました。 イスラエル軍は追撃しましたが、ベン・ハダデ王と少数の者だけは、馬で逃げのびました。 21こうして、イスラエル軍はシリヤ軍の大半を殺し、おびただしい数の馬と戦車を分捕ったのです。 22 そののち、例の預言者がアハブ王に近寄り、「シリヤ王の二度目の来襲に備えなさい」と忠告しました。 23 実は、大敗北のあと、ベン・ハダデ王の家来たちは、王にこう進言していたのです。 「イスラエルの神は山の神だから、今回は負けたのです。 平地なら、難なく勝てます。 24今度だけは、連合軍の王の代わりに、将軍たちを指揮官に任命してください。 25失っただけの兵力を補充し、以前と同じ数の馬と戦車と兵を、われわれにお任せください。 平地で戦い、必ずや、勝利を収めてご覧に入れます。」王は、彼らの進言を受け入れ、 26翌年、シリヤ軍を動員し、再びイスラエルと戦うために、アフェクに向けて進軍しました。 27イスラエル側も全軍を集め、装備を固めて戦場へ向かいました。 しかし、アフェクを埋め尽くしているシリヤの大軍に比べて、イスラエル軍は二つの子やぎの群れのようにしか見えませんでした。 28 その時、一人の預言者がイスラエルの王に近づき、神様のお告げを伝えました。 「シリヤ人が、『イスラエルの神は山の神で、平地の神ではない』と言うので、わたしはおまえを助けて、この大軍を負かそう。 そうすれば、おまえも、わたしこそ神であると認めるようになる。」 29 両軍は、陣を敷いたまま向かい合っていましたが、七日目に戦いが始まりました。 最初の日に、イスラエル軍はシリヤ軍の歩兵十万を殺しました。 30生き残った者は、アフェクの城壁の裏に逃げました。 ところが、城壁がくずれ落ちて、さらに二万七千人が死にました。 ベン・ハダデ王は町の中に逃げ込み、ある家の奥に隠れました。 31 家来が王に申し出ました。 「陛下。 イスラエルの王はたいそうあわれみ深いと聞いております。 それで、私たちが荒布をまとい、首になわをかけて、イスラエルの王のところへ行くのをお許しください。 陛下のいのち乞いをしたいのです。」 32 こうして、彼らはイスラエルの王のもとへ行き、「アハブ王のしもべベン・ハダデが、『どうか、いのちだけはお助けください』と申しております」と懇願しました。 イスラエルの王は、「そうか、彼はまだ生きていたのか。 彼はわしの兄弟だ」と答えました。 33 使者はそのことばに望みを託して、「おことばのとおりでございます。 ベン・ハダデはあなた様の兄弟です!」と、大声であいづちを打ちました。 イスラエルの王は、「彼を連れて来なさい」と命じました。 ベン・ハダデが到着すると、なんと、王は彼を自分の戦車に招き入れたのです。 34 ベン・ハダデはすっかり感激して、「父があなたの父上から奪い取った町々をお返しします。 父がサマリヤにしたように、あなたもダマスコに市場を設けてかまいません」と言いました。 これで契約は成立です。 35 一方、神様の命令で、ある預言者が仲間の預言者に、「おまえの剣で私を切ってくれ」と言いました。 しかし、その人は拒んだのです。 36 そこで、その預言者は言いました。 「おまえは神様の声に従わなかったので、ここを出るとすぐ、ライオンに食い殺される。」 はたして、その人が出て行くと、ライオンに襲われて死にました。 37 それから、その預言者はまた別の人に、「おまえの剣で私を切ってくれ」と頼みました。 すると、その人は彼に切りつけ、傷を負わせたのです。 38 その預言者は、目に包帯を巻き、だれだかわからないようにしたまま、道ばたで王を待っていました。 39 王が通りかかると、預言者は呼び止めました。 「陛下。 私が戦場にいると、ある人が捕虜を連れて来て、『こいつを見張っていてくれ。 逃がしたら、いのちはないぞ。 40それでも助かりたければ、六十万円出せ!』と言ったのです。 ところが、私がほかのことに気を奪われている間に、その捕虜がいなくなりました。」 王は、「それはおまえの責任だ、六十万円支払え」と言いました。 41 この時、その預言者が包帯をはずしたので、王は、彼が預言者だとわかりました。 42預言者は、「神様はこう仰せになります。 『わたしが殺そうとした者を助けたので、おまえは彼の代わりに殺される。 おまえの国民は彼の国民の代わりに滅びる』」と王をきめつけました。 43 王はたちまち不きげんになり、腹を立ててサマリヤへ帰って行きました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses