5 1イエス様はキリスト、すなわち、神の子であり救い主であると信じるなら、その人は神様の子供です。 父なる神を愛する人はみな、神様の子供たちを愛するはずです。 2そういうわけで、あなたがたが、どれだけ神様を愛し、従っているかで、神様の子供たちをどれだけ愛しているかがわかるのです。 3神様を愛するとは、そのご命令を守ることです。 決して、むずかしいことではありません。 4神様の子供たちはみな、神様に従います。 そして、キリスト様に信頼することによって助けを受け、罪と悪との楽しみに、打ち勝つことができるのです。 5イエス様がほんとうに神の子であると信じる人以外に、この戦いに勝てる人はいません。 6-8678私たちは、イエス様が神の子であると知っています。 なぜなら、イエス様がバプテスマ(洗礼)を受けられた時、また、死を目前にされた時、天からの神様の声が、そのことを証言したからです。 さらに、永遠に真実であられる聖霊様も、そう証言しておられます。 ですから、私たちには三つの証言があるわけです。 すなわち、私たちの心の中で語られる聖霊様の声と、キリスト様がバプテスマを受けられた時の天からの声と、キリスト様の死の前に聞こえてきた声の、三つです。 この三つが一致して、イエス・キリストは神の子である、と証言しているのです。 9私たちは、法廷での証人のことばを信じます。 では、なおさら、神様のことばを確信できるはずです。 神様自身がはっきりと、イエス様は神の子である、と宣言しておられるのですから。 10このことを信じる人はみな、心でそう確信しています。 信じない人は、神様をうそつき呼ばわりしているのです。 神の子についての神様の証言を、信じようとしないからです。 11神様の言われたこととは、何でしょう。 それは、神様が私たちに、永遠のいのちを与えてくださったこと、また、永遠のいのちが神の子のうちにあるということです。 12そういうわけで、神の子を信じる人には、いのちがあり、信じない人にはないのです。 13すでに神の子を信じているあなたがたに、このように書き送るのは、あなたがたには永遠のいのちがあることを自覚させたいからです。 14私たちは、神様の心にかなうことを願い求めるなら、いつでもその願い事は聞き届けていただけると確信しています。 15ですから、願い事をする時に、確かに神様が耳を傾けてくださっているとわかれば、神様は必ずその祈りに答えてくださる、と確信できるのです。 16もし、罪を犯しているクリスチャンを見かけたら、その人が赦していただけるよう、祈ってやりなさい。 それが取り返しのつかない罪でなければ、神様は、彼のいのちを助けてくださいます。 しかし、死に至る罪があります。 そんな罪にはまり込んでいる人のためには、祈っても無意味です。 17もちろん、すべての悪が罪であることに違いはありません。 しかし、私がここで取り上げているのは、いわゆる一般的な罪ではなく、死に至る罪のことです。 18神様の家族の一員とされている人には、罪を犯す習慣はありません。 神の子キリスト様に、しっかりと支えられているので、悪者は手出しできないのです。 19私たちは神様の子供ですが、周囲の世界は、悪魔の力の支配下にあることを、知っています。 20また、神の子キリスト様が来られたことで、私たちに真の神様を知る力が与えられたことも、知っています。 ですから今、私たちは、ただ一人の真の神であり、永遠のいのちである神の子イエス・キリストのうちにいるのです。 21愛する子供たちよ。 心の中に、神様に取って代わる何かがあるなら、すぐ取り除きなさい。 ヨハネ
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses